筋肉を小さくする働き|ボトックス小顔で理想のフェイスライン【身体的な負担が小さい】

ボトックス小顔で理想のフェイスライン【身体的な負担が小さい】

サイトメニュー

筋肉を小さくする働き

注射

最後まで丁寧な判断を

ボトックス注射には筋肉に入る力を抑え、大きく発達しすぎるのを抑える効果があります。そのため、筋肉によってできたエラを小さくし、小顔効果を得ることができます。エラには2種類あり、噛むときに力が入る筋肉が発達して出来上がったものと、生まれつきの骨格から出来ているものに分かれます。ボトックス注射が効果を発揮できるのは前者です。よく噛んで食事をする人や、歯ぎしりなどのクセがある人が悩みやすい症状です。ボトックス注射を施せば余分な力が入らずに済むため、歯への負担を軽減できるという相乗効果もあります。ただし、骨格によって出来ているエラに関しては効果が得られませんので注意が必要です。現状筋肉か骨格か区別ができていない人は、一旦医師に診てもらう必要があります。骨格が原因の際は、エラ切りなどほかの小顔矯正治療が提案されることでしょう。エラ以外にも、接客業など、常に笑顔でいなくてはいけない人は表情筋が発達し、頬の筋肉が盛り上がりがちです。これによって顔が大きく見えたり、ほうれい線が目立ってしまったりして悩む人が多いです。そんな場面でもボトックス注射が役立ちます。量の調節を適切に行えば、頬をこけさせることなく余分な筋肉だけ縮めることが可能です。顔の筋肉量のバランスを整えるだけでも印象が変わり、顔が小さくなったように見せることが可能です。ボトックス注射は量の調節さえ適切で、筋肉が原因の悩みであれば幅広く応用ができます。小顔矯正のついでにシワの除去をすることもでき、複数の悩みが重なっている人にとっては手の出しやすい治療方法と言えるのではないでしょうか。ボトックス注射を受けようと検討するときは、治療に至るまでのプロセスを慎重に行なってください。病院選びやカウンセリングなど、すべてにおいて少しでも納得いかない部分があった場合は、妥協せずにしっかり調べましょう。ボトックス注射も美容整形の一つで多少は体にストレスをかけます。外見の印象にも影響を与える治療ですので、信頼できる病院や医師に任せることが重要です。まず小顔矯正治療に入る前に、ほぼ間違いなく担当医とのカウンセリングが行なわれます。ここで患者の要望など確認を取り、治療の工程を一緒に考えていきます。注意事項説明や効果の現れ方など、細かく説明がありますので、不安に感じたことや疑問点はすぐに伝えて、解決を図りましょう。不安要素を残したまま治療に臨むと、その出来栄えに後で悔いる部分が出てきてしまうかもしれません。こんな輪郭になりたいなどの理想像が決まっている場合は、それを的確に担当医に伝えましょう。担当医もそれに合わせて、いくつかの治療方法を提案してくれることでしょう。不満に感じることがあった場合、治療に入る前まででしたら、別の病院でもカウンセリングを受けることができます。比較してよりよいと感じた病院で最終的に治療をするのも良いでしょう。担当医の技量ももちろん大事ですが、信頼できるかどうかや人としての相性もありますので、どこの病院が自分に合っているかで選ぶのもいい選択方法だと思われます。美しい小顔を手に入れるための治療ですので、こちら側の意見はしっかり伝え、担当医に丸投げしないようにすることが大切です。決定権は自分にあることを忘れずに、丁寧に計画を立てましょう。

Copyright© 2018 ボトックス小顔で理想のフェイスライン【身体的な負担が小さい】 All Rights Reserved.